スポンサーリンク

うな次郎(一正蒲鉾)の成分カロリー(kcal)

うな次郎(一正蒲鉾)の成分カロリー(kcal)

 シラスウナギ(うなぎの稚魚)の不漁で、すっかり高嶺の花になってしまった「うなぎ」。筆者も大好きではあるのですが、天然どころか養殖までスーパーでの価格が一時期の倍近い。

 実は余っている?なんて話もあるようですが、実際時々一匹千円なんて言う、以前のような価格で売られることもあるので、そんな時を見つけては購入し食しています。

 そんな中、ついに蒲鉾がやってくれました。あのカニ蒲鉾以来のヒットになるかもしれない「うな次郎」の登場です。問題は、その味。そして価格。はたして…。

うな次郎(一正蒲鉾)の成分カロリー(kcal)

うな次郎(一正蒲鉾)

 皮側?っていうか裏も気になったので、一つは裏返して撮影しました。見事にそれっぽさを再現しています。写真はジャンボパックと言うことですが、見る限り普通に一人前ですよね。え?二人前?、そうですか。。さて、このサイト的に気になるのはその成分やカロリーってことで、表示を確認してみました。

 また本物のウナギが今回の容量220gだった場合との比較もしてみました。

うな次郎(一正蒲鉾)の成分カロリー表

うな次郎(一正蒲鉾)の成分カロリー表

うな次郎一枚当たり四枚ウナギ
容量55g220g220g
エネルギー154kcal616kcal645kcal
たんぱく質6.4g25.6g50.6g
脂質11.0g44.0g46.2g
炭水化物7.3g29.2g6.8g
ナトリウム540mg2160mg1122mg

 さすが本物のウナギの圧勝と言う感じの成分表ですが、現在の問題はその価格を考えた場合となりそうです。220gという量は相当大きなウナギとなってしまうのですが、うな次郎の価格はこのジャンボパックで600円ほどでした。この記事を書いている2018年8月現在の、一般的なウナギの価格はワンパック(160g相当)で二千円ほどなので、やっぱり高いですね。

うな次郎の味わいは?

 うな次郎の味わいはどうか?ですが、まずは食感。皮部分は相当研究されたんでしょう。弾力は本物ほどではないものの見事にあのウナギの皮のイメージがあります。皮と身の間のゼラチン質や、身の膨らみまで出たら完璧なんですが、そこまでは望めません。味の再現性はなかなかのものです。なんで蒲鉾がうなぎの味すんの?と、成分表をよく見ると、うなぎエキスが入っていました。(笑)

 これより単なるダイエット日記です。

 このところトレーニングは細々とやっている程度で、まともには出来ていません。何とか時間をつくりたいものです。

 体全体の筋肉痛は、完全フレッシュ状態です。

本日の筋肉痛
なし

食事食事内容カロリー
朝食なし0kcal
昼食14:30 ホエイプロテイン(206)、サプリメント(3.5)210kcal
間食なし0kcal
夕食25:00 未定(0)0kcal
夜食03:00 ドライゼロ(0)0kcal
210kcal

 本日の摂取カロリーは、kcalでした。追記します。

関連記事

↓ぽちっとお願いいたします。

この記事を気に入っていただけましたら、拡散(シェア)いただけると嬉しいです。

コメント

  1. 花盛(はなざかり)「純米大吟醸」39しずく生原酒

     昨晩は岐阜県の花盛(はなもり)酒造株式会社さんが醸す、花盛(はなざかり)「純米大吟醸」39しずく生原酒をいただきました。  素晴らしいお酒が揃う岐阜の蔵の中でも何の遜色も…