スポンサーリンク

シャトーブリアンのカロリー(kcal)

シャトーブリアンのカロリー(kcal)

 先日の酒蔵見学の後、知り合いの酒販店さんに予約をしていただいて、焼肉にいってきました。しかもそこではあのシャトーブリアンが食べれるとのこと。昔で言えばトビテンダーロインですが、この名前で聞くようになってからは食べていなかったので、楽しみでした。

 名前の由来は、19世紀初頭のフランスの政治家フランソワ=ルネ・ド・シャトーブリアンが料理人に命じて作らせたことから、このように呼ばれるようになったそうです。

 このサイト的に気になるのは、そのカロリー。ってことで早速調べてみました。

シャトーブリアンのカロリー(kcal)

 股関節の内側にある筋肉の中でも、さらに内側の動かさない部位と言うことで、柔らかい肉質が特徴。しかしシャトーブリアンは一頭から僅かしか取ることができないのでかなり希少です。基本的には赤身の部分なので100g中20gほどの脂質となります。

シャトーブリアン 100g
エネルギー:241kcal
タンパク質:15g
脂質:20g
炭水化物:0.3g

 噛み応えもさることながら、滲み出てくる旨みが秀逸。赤身部分ながら弾力はあるものの柔らかく、のどを通すのがもったいないと思わせる。本当に美味しい。しかも脂身が少ない分、沢山食べれそうなところが恐ろしい。(笑)

 ロースを食べるくらいなら、このヒレを食べたほうがカロリー的に倍の量食べられます。もっとも金額は10倍ほどになりそうですが…。

シャトーブリアン

2014/06/22 焼肉ザブトン(ハネシタ)のカロリー(kcal)

2014/09/21 たん塩(牛たん)のカロリー(kcal)

 これより単なるダイエット日記です。

 さて、からだ全体の筋肉痛は大胸筋、上腕三頭筋、三角筋に張りが残っています。

本日の筋肉痛
大胸筋 低程度
上腕三頭筋 低程度
三角筋 低程度

食事食事内容カロリー
朝食なし0kcal
昼食14:30 ホエイプロテイン(206)、サプリメント(3.5)210kcal
間食なし0kcal
夕食25:00 未定(0)0kcal
夜食03:00 ドライゼロ(0)0kcal
210kcal

 本日の摂取カロリーは、kcalでした。追記します。

関連記事

↓ぽちっとお願いいたします。

この記事を気に入っていただけましたら、拡散(シェア)いただけると嬉しいです。

コメント