腹筋、疲弊するの早すぎ!筋トレ(体幹部)実施(2014/10/25)

シェアする

シットアップ

 1セット目と2セット目で記録にもっとも差があるシットアップ。比較的回復も早い部位ですが、疲弊が早いのとは何か関係があるのだろうか?。回復の早さに関しては、骨格との接続の多さや、血流の多さからという文献を見つけたが、疲弊の早さに関しては見つけることができなかったので、時間のある時にでもまた調べてみます。

 今日は中4日で体幹部を鍛える日、腹筋の種目としてシットアップとレッグレイズ、脊柱起立筋の種目としてスティフレッグドデッドリフトを実施いたしました。

 本日の摂取カロリーは、2116kcalで316kcalのオーバーでした。さすがにハンバーガー4個は多すぎました。飲んだらそこまで食うな、食うなら飲むなですね。

11:50
ビタミンC2粒 4.6kcal
マルチビタミン 2.9kcal
マルチミネラル2粒 1.2kcal
グルコサミン2粒 4.2kcal
コエンザイムQ10 2.3kcal
カゼインプロテイン 124kcal
グライコSR 80kcal

シットアップ

対象、腹直筋

負荷 前回 今回
6kg 27 28
6kg 9 10
6kg 7 8

 パワーアンクル6kgを頭の後ろで持っての実施。セット間は60秒です。勝負のファーストセット!記録更新の28発でした。その後の記録も全て前回を上回ることができました。

レッグレイズ

対象、腹直筋下部

負荷 前回 今回
3.0kg×2 25 25
3.0kg×2 14 15
3.0kg×2 13 13

 両足に3.0kgずつのパワーアンクルの負荷。前回からセット間は40秒のドッグスクラップ法にて実施しております。インターバルに関係のない勝負のファーストセット、25発でタイ記録。2セット目の記録更新は素直に嬉しい。まずまずのパフォーマンスです。

デッドリフト

対象、脊柱起立筋

負荷 前回 今回
26kg 55 58
26kg 36 37
26kg 26 27

 スティフレッグドデッドリフト(膝を伸ばした状態で行うもの)。セット間は40秒のドッグスクラップ法です。圧倒的な負荷不足をいろいろ補ってきましたが、ここまで回数が増えてしまうと心拍数もAT値さえ超えていないのでは?と思われます。ダンベル引きたい!。

 さて体全体の筋肉痛ですが、大胸筋、上腕三頭筋に程よい張り、三角筋に僅かに張りが残っています。

本日の筋肉痛
大胸筋 低程度
上腕三頭筋 低程度
三角筋 微程度
なし

食事 食事内容 カロリー
朝食 11:50 カゼインプロテイン(124)、グライコSR(80)、サプリメント(15) 219kcal
昼食 なし(0) 0kcal
間食 15:00 コーヒー(36)、あんドーナツ2個(178) 214kcal
夕食 01:30 モスチーズバーガー3個(942)
フィッシュバーガー(447)
アサヒスーパードライ2本(294)
1683kcal
夜食 03:00 未定(0) 0kcal
2116kcal

↓ぽちっとお願いいたします。


筋力トレーニングランキング

にほんブログ村 その他スポーツブログ 筋トレ・ウェイトトレーニングへ
にほんブログ村

この記事を気に入っていただけましたら、拡散(シェア)いただけると嬉しいです。

シェアする

フォローする